書けなさの前に立っていて
言えなさの前で笑っていて
いて
ほしい
たとえようがなくて
あなたに尋ねてしまいたくなる

ここで
なにが起きているの


【おしらせ】

池田彩乃 根本万智 二人展
「舟旅(本屋の中の港へ)」
2月20日(木)~2月24日(月・祝)
※原画のみ3月5日(木)まで展示
12:00~20:00 水曜定休

青と夜ノ空
東京都武蔵野市吉祥寺南町5丁目6−25
http://www.aotoyorunosora.com/

朗読会「声で叶える」
2月22日(土)夜の部 18:00~19:00
2月23日(日)昼の部 15:00~16:00
各部定員10名(※要予約)
読む人:池田彩乃
料金:ドネーション制(投げ銭)

ご予約の際に、聞きたい詩を教えていただけたら朗読します。
池田作のものであれば、詩集『舟』以外からも選んでいただけます。
ご予約受付:ikdayano@gmail.com(お名前、人数、聞きたい詩)

詳細こちら


もくじ

2012.2.5
無題
今宵に名前をつけるなら
ふるえ、土深く、光と
春に生まれた舟
さわれます
この星のダンス
雨雪の日
逡巡
窓を隔てて
祈りを渡す
百年の散歩
問いかけ
音楽
通過する
春分
すがたかたち
きみを知っている

花の名
ひとつ
うたういえ
体の思い出
名前を待っているものがまだ幾億もある世界だここは
灯台
清濁の川
我は夏の日
畔にて別れる
風に舞い上がった
雨季のある国にて
迎え火
それはひかり
春のかたち
大晦日
言葉による写生
邂逅
十指
円環

2016年、2017年にひらいた朗読会「今宵に名前をつけるなら」で朗読したものなど、声と親しい詩を中心に全39篇を収録。
「ここにあるよ」と言いたい詩集ができました。
今は大事な手紙を宛て終えたあとのように安心しています。
装画、挿絵は個展を中心に活動されている根本万智さんにお願いしました。

『舟』
88ページ – 160mm×180mm – 1,500円(税込)
装画・挿絵 根本万智
https://kobunefune.tumblr.com/

取扱店

☆が付いているお店はwebshopでもお取り扱いいただいています。