紙片の音楽集


わたしとおんなじように
あなたとおんなじように
これは たったひとつきりの紙片


紙片(しへん)= 紙の欠片・紙切れ。
または、広島県尾道市にある、本と音楽の店の名前。
これは、紙片店主が音楽の人・詩の人に紙片という言葉を渡すことからはじまった
ひとひらの音楽集です。
音楽は19組の手によって生まれた21曲、
詩は書き下ろされた100篇の中から、
どれか10篇が入っています。
清濁を両手に持った音楽と詩が、日々のすき間にそっと寄り添うものでありますように。

音楽
AOKI,hayato
いろんなためいき
岩本象一
木太聡
小瀬村晶
佐立努
白黒ミドリ
瀬戸信行
田辺玄
寺尾紗穂
天体
トウヤマタケオ
西森千明
Hideyuki Hashimoto
hofli -津田貴司-
Mujika Easel
森ゆに
yatchi
Repair
全21曲 2枚組


池田彩乃

価格
3,000円(税込)

発売
9月16日紙片にて先行発売

在庫が出来次第
各参加アーティスト
福岡県門司港 muna
東京都高円寺 えほんやるすばんばんするかいしゃ
にて販売予定です

【収録タイトル ※どれが入っているかはおたのしみです。】
「きちんとすれ違う」
「ささやかな歌」
「たった一つきり」
「るるる」
「一行に憩う」
「花を手にとる帰り道」
「見えぬものを呼ぶ」
「種蒔くようにあなたは」
「生活を愛している」
「百年を君に」

各タイトル10篇ずつ収録

「紙片の音楽集」について書きました。長くなりました。

つづきを読む “紙片の音楽集”

あたらしい季節のおしらせ


【個展のおしらせ】

池田彩乃 個展
「Pieces」
2021/9/4〜9/16
SUNNY BOY BOOKSにて

桜の花びらが道の隅を転がり駆けてゆくのを見ていた。
バスの窓につく雨粒、水面のきらめき、夜空の星の瞬き、
小さなものがひしめき光る姿に心動かされるのはなぜだろう。
昼休みの公園でぼんやりと考えていたら、唐突にわかってしまった。
これはわたしたち。
これはわたしたちだから、愛おしいのだ。
雑踏の眺め、連なる家々の灯り、公園に行き交う声や足音、生きている人々の気配のぬくもり。
今ほんのひととき群れを成す命のひとつずつを愛している。

詳細はこちら

個展関連スケジュール

  • 9/3(金)
    前夜祭(オンライン)

    夜に配信の予定です。久々で今から緊張しています…。
    TwitterとInstagramでおしらせする予定です。
  • 9/4(土)〜16(木)
    個展「Pieces」開催

    (定休日:月、金)
    新刊『Pieces』刊行(100部限定/表紙10種)
    そのほか作品やアイテムを店頭にてご覧いただけます。
    ※オンラインショップでの公開は展示2日目の夜の予定。
    ※お越しいただける方は営業時間やお店からの注意点をサニーさんサイトでご確認お願いします。
  • 9/4(土)〜
    池田直営店にてニューアイテム販売開始(オンライン)

    ウェブショップ「この星スーベニアショップ」にて
    「すべての散りばめられたわたしたちへ手渡す50のかけら」販売開始。
    ※こちらはサニーさんオンラインショップではご注文お受けできないのでお気をつけください。
    ※新刊や展示作品の販売はサニーさんオンラインショップでのみご注文いただけます。
  • 9/11(土)
    夜、イベント実施予定(オンライン)

    続報お待ちください!
  • 9/17(金)〜24(金)
    後夜祭(オンライン)

    (TwitterとInstagramにておしらせします)

2021/05
書き下ろしの詩を指定日配達でお届けする「誕生日のための詩」の
注文受付をはじめました。
「この星スーベニアショップ」にて

2020/09
8月からあたらしい試み「星渡りの便り」をはじめました。
年明けくらいまでこちらのお届けをメインに活動しています。
追記:2021年1月に完走しました。
手紙を受け取ってくださったみなさまありがとうございました!

2020/4
はじめての詩集じゃない本『観光記』できました。